お知らせ

8.20豪雨災害でのあさみなみ

 

あさみなみの8.20

夜半から降り続く猛烈な雨と真っ暗な夜を切り裂く雷。あまりにも異様な夜にすっかり眠りを奪われていました。午前3時半、突然鳴り響く携帯電話にすごく嫌な予感がしたのを鮮烈に覚えています。生活支援部の市川さんからの電話でした。この雨でショートステイ棟が浸水したとの知らせ。当日支援にあたってくれていた吉長さんと上村さんが気づき、3人の利用者を2階に誘導、避難したので当面安全は確保されているとのこと。安心した反面、ショートステイ棟が浸水したなら、向かいの本部棟、とりわけ1階の本部事務所や食堂・厨房への浸水が思い浮かび、すぐさまとび出そうと自宅の玄関を開けると、目の前は泥水が床に迫る勢いで流れ込んできています。外に出ることもできず、いらいらしながら夜の明けるのを待ちました。朝6時過ぎ、ようやく水が引き始めたので、愛用のミニカブを駆って、泥水をかき分けながら出動。そこここで出くわす消防車やパトカーの緊急灯に不安を募らせながら到着してみて、しばしあっけにとられました。事務所の中は泥にまみれた書類があちらこちらに散乱しています。食堂も廊下も泥水でいっぱい。どこから手を付ければ茫然と立ち尽くしたのを記憶しています。

 あさみなみの被害状況

 結局、あさみなみとしては本部棟(あさ作業所・かがやき・本部)とアンダンテ棟(アンダンテ・ショートステイせせらぎ)の2棟が床上40cm程度の床上浸水の被災。心配していたかろかろ棟(かろかろ・サポートセンターあしたば)や工房とも棟(工房とも・あたた)には幸い被害がありませんでした。被害の大きかった八木・緑井地域に暮らす利用者のみなさんにもすぐに確認をとったところ、みなさんご無事で安堵しました。

 床上浸水となった2棟ではエレベーターの水没による故障の修繕、同2棟の1階部分床や腰板の洗浄・消毒あるいは部分的には張替の必要、コピー機等電気機器、事務椅子や相談椅子などの水没による交換の必要等、ざっと1500万円程度の被害額が見積もられています。

それと、こちらは費用に換算できませんが書類やデーターの水没による破損が精神的にはもっとも大きなダメージとなりました。1か月たった今も書類・データの復旧作業が続けられています。

 これから

 大きな被害はありましたが、利用者にも、職員にも人的な被害がなかったこと何よりも幸いでした。浸水の一因として施設周辺下水のつまりがあったことも考えられたため、被災後の土曜日職員総出で下水の泥掻きに汗を流しました。近隣の方々とも協力しながら、周辺環境の整備にも定期的に取り組んでいかなくてはならないことや、緊急時の連絡体制をどれだけスムーズに確保できるか、また今回のように夜間に発生した緊急時での職員の出動体制などたくさんの課題を投げかけてくれた8.20災害でした。負のベクトルを正のベクトルに変えるため投げかけられた課題に真剣に向き合い、これからを切り開いていきたいと思います。

ずぶ濡れの食堂 食堂が浸水

IMG_0648 エレベーター水没 破損した機器備品 
 乾かす場所もない乾かす場所もな  水没書類水没した書類  IMG_3272
     

    

 

新しい出発

元気いっぱいコンサート再開に向けて!

2014年2月15日(土)祇園公民館ホールであさみなみ音楽会が開かれました。音楽会はあさみなみ中期5ヵ年計画を実現していくため、多くの区民の皆さんから力を貸していただくための活動の第1歩として企画され、あさみなみ後援会との共同企画となりました。

招かれての演奏の機会も増えてきた「元気いっぱいパーカション隊」や日頃からの練習の成果をリズミカルな動きで表現した「ダンスグループ」の発表で会場の盛り上がりも最高潮!後援会からこれから5年間の取り組みに対する協力の訴えがあり、全員の合唱で会を終えました。会場をあさみなみの食堂に移して、後援会の皆さんの手作りのぶた汁やぜんざいでのお・も・て・な・しに舌鼓しながら、これからの奮闘を誓い合いました。

重度障害の仲間たちが安心して過ごせる「かろかろ」棟の新築移転や第2第3ケアホームの建設・さらには工房とも菓子工房を拠点とした新製品の地元企業とコラボしての開発など中期5ヵ年計画に盛られた様々な事業を具体化していくため、より多くの皆さんからお力を介していただくための企画をこれから広げていくこととしています。ご期待下さい。またご協力ください。

 

あさみなみ音楽会が開かれました。

 

 doc20140219090300                                                                                                 

丈夫な歯は健康の素

ムシ歯はないかな?        10月24日

歯医者さんにおいでいただき、みんなで歯科検診。なかなか歯医者さんには行けない仲間も、みんな診てもらって、これで安心!

夏おくりまつり特集

2013夏おくりまつり 雨雲も吹き飛ばして

 暑つ~く爆発!

チュウチュウトゥレインのメイクが見事に決まったかろかろのステージ

毎度のことながら盛り上がり抜群!

ステージの進行は仲間の役割。次々飛び出すパフォーマンスをきりもみします。

 

朝から降り続いた雨も、開会時にはすっかり小降りになりました。まつりの間はそれもやんで、たくさんの人たちと一緒に盛り上がりました。夏おくりまつりと銘打ったまつりですが、あれだけ暑かった8月ですが、翌日25日からすっかり秋めいてきました。すごいあさみなみパワーです。

夏送りまつり開催迫る

今年も夏送りまつりの準備が進んでいます!

いろんなサプライズが連発しそうな予感!多くのみなさんのご来場をお待ちします。

南相馬ひまわり通信

南相馬のひまわりが見事に咲きました!

5月にみんなで植え付けた南相馬のひまわりの種見事に花開きました!東北支援の缶バッチに2粒入っていた南相馬のひまわりの種。支援に協力してもらった人たちに種の提供をお願いし、100粒の種を植え付けました。2ヶ月たった7月22日1輪目が開花、22日には2輪になりました。1週間くらいで満開になると思います。近くにお越しの際は是非見ていってください。もちろん鑑賞ツアーも大歓迎です。

南相馬ひまわり通信

南相馬ひまわり 

大きなつぼみから黄色がかおを出しました!

  いいお天気が続いて、南相馬ひまわり

ぐんぐん大きくなりました。

大きなつぼみが、今にもひらきそう!

8月に入ったら、きっと満開かもしれません

ひまわり通信

南相馬ひまわりこんなに大きくなりました。

5月29日に植え付けた南相馬ひまわりがこんなに大きくなりました。毎日の強い日差しをいっぱいに受けてぐんぐん大きくなっています。満開はいつ?

  

ひまわり芽吹く

ちょうど1週間、南相馬ひまわり芽を出し始めました!

東北に連帯 ひまわり100本

きょうされん福島大会を成功に向けて、

ひまわり植付け完了

 

きょうされん福島大会(9月21・22日)開催を支援する缶バッジの袋に、南相馬のひまわりの種が2粒入っていました。あさみなみでお借りしている近くの農地にこのひまわりの種100粒を植え付けました。

きっと100本の南相馬のひまわりが大会が開かれるころには満開になります。工房ともでも同じ様にひまわりの植付けが終わり、夏を待っています。これからひまわりの成長を随時レポートしていきます。

ページトップへ

Copyright (C) 2008 ASAMINAMI. All Rights Reserved.